すぐに溶け込んでもらえる環境作りが大切!

緊張の連続!入社1年目はドキドキの連続…

皆さんは入社1年目のときはうまく会社に溶け込めましたか?すでに出来上がっている組織の中にいきなり入り込むのは大変ですよね。僕は毎年20名ほどの新入社員の研修を担当しています。僕は学習塾の先生をしています。新入社員は入社すぐに各教室に配属され授業を担当しています。どの先生も教室業務や予習などで大変な姿を毎年見ています。クレームにならないようにいつも細心の注意を払っている姿に見ているこっちが心配になってきます。いつも、新人研修をするときに最初に質問することがあります。”困っていることはなにかありませんか?”と聞きます。

各事業所によって立場は変わってくる

新人はすぐに各事業所に配属されるのですが、事務員さんがいる教室、他の先輩と一緒にいる教室、一人で待機している教室など置かれている状況が違います。そこで、毎回新入社員には些細なことでも困っていることがあれば質問してもらうようにしています。不安を抱えたまま授業をしたり、お客様の対応をしていては満足してもらうことはできません。まずは新入社員の気持ちを少しでも不安から解放してあげればきっと授業やお客様の対応も満足するものになると思っているからです。過去の困っていることの例をあげると、新入社員は”実は僕も今それで悩んでいます。”と打ち明けてくれます。一人が打ち明けてくれれば次第に和やかな雰囲気となりそれぞれが不安なことを打ち明けてくれるようになります。

新入社員が先輩たちを刺激する!?

新入社員が不安から解消されて、思いっきりの良さで授業をしてくれると諸先輩方も刺激を受けるみたいです。同僚から”新入社員の失敗しても前向きに取り組む姿を見ると負けてられないなぁ”という話を聞きます。僕自身も新入社員の研修をしながらいろいろと勉強させられることがあります。この雰囲気が各事業所や会社全体に広がればやりがいのある職場環境につながると思っています。また、新入社員も会社にすぐに溶け込めて不安な気持ちを払拭できると思っています。

社員研修の対応の良い企業のメリットについては、大手の経済やビジネスに関するメディアで取り上げられることがあります。