がっかりしないで!ネットの誹謗中傷を見た後に立ち直る方法のまとめ

熱心に応援してくれている人のコメントを読む

ネット上で活動をしていると、いろんな内容のコメントを見かけるようになります。それはいい内容のものもあれば、あまり気持ちのよくないものと様々です。いい内容のものは読んだ後に嬉しい気持ちになったり「これからも頑張ろう」と新たに決意をしたりできますが、あまり気持ちのよくないものを読んだ後は内容にもよりますが、大体が暗い気持ちになったりショックを受けたりします。こうなってしまうと「もうやめようかな」とネガティブになってしまいますよね。落ち込むのはまだ早いです。コメントをよく読むとそのあまり気持ちのよくないコメントに対して反論をしてくれている方が必ずいるはずです。暗い気持ちになった時はそういうコメントを探してみましょう。いい面は必ず誰かが見つけてくれます。

そのコメントを見ても「ふーん」と思うだけにする

この方法は簡単に言うと、コメントを読んでも詮索しないようにするということです。投稿されるコメントの中には本気の気持ちで書いてあるもの、冗談のつもりで書いてあるものの2種類あります。大体の誹謗中傷というのは冗談のつもりで書いたものがほとんどなのでそういう内容のコメントを見ても「この人は自分に対してこう考えているのか」と思うだけにしてそれ以外のことは考えないようにするといいでしょう。それか、そういう内容のコメントを見ても「こんなことを書くなんて相当暇なんだな」と考えるのも1つの方法です。

あまりよくない内容のコメントを全て削除する

ほとんどの場合、投稿されたコメントというのは管理人の方で自由に操作できるようになっています。ということはいいコメントだけ残して、あまりよくないコメントだけ消すということも可能です。投稿されたコメントは誰でも閲覧できるスペースに掲載されますが、管理ページからコメントの管理がされているページを見ると、コメント1つ1つに削除ボタンがついています。その時に1つずつ確認していき、自分の中で「これはあまり気持ちよくないな」と思ったコメントがあればすぐに消しましょう。これをすることで落ち込まずにすぐに立ち直ることもできると思うので、おすすめしておきます。

サジェスト対策を行うことで、ホームページの検索順位があがり知名度やアクセスアップが望めます。SEO対策などに比べて低コストであるにもかかわらず高い成功確率を持ちます。