中古は嫌だけでパソコンを安く手に入れたい場合はどうすればいい?

完全な状態ではないという理由で安いアウトレット

パソコンをできるだけ安く買いたいものの、中古品は避けたいという人は向いているパソコンはあるでしょうか。実はいくつか存在します。まず、アウトレットと呼ばれるものです。アウトレット品とは、簡単にいえば「普通の新品として店頭に並べることができない」商品ということになります。では、なぜ普通の新品として売ることができないのかというと、たとえばパソコンであれば梱包用の箱がつぶれている、あるいは付属品が足りないなどの理由があります。

厳密には中古だけど状態はいい展示品

つまり、商品として完全な状態ではないものの、中身自体は新品であるという商品なので、中古を避けてパソコンを安く買いたい人にとっては狙い目といえるのです。次に展示品と呼ばれるものがあります。これは、家電量販店などで見本として並べられていた商品ということです。パソコンであれば、展示されている間は稼働しており、キーボードやマウスをいろんな人に使われていた可能性が高いので、厳密にいえば新品とはいえない商品ですが、比較的綺麗な上に安いので狙い目です。

初期不良品を修理したメーカー再生品

メーカーから直接安く買いたいという人にうってつけなのが、メーカー再生品と呼ばれるものです。これは、初期不良ということでメーカーに送られてきたものを直し、再度、チェックを行って売りに出された商品です。つまり、壊れたところを直したパソコンということになりますが、初期不良品なのでほとんど使われておらず、状態はほぼ新品なんですね。しかも、ちゃんとメーカー保証がつくので、安心できるものを安く手に入れたい人にとってはいい選択肢といえるでしょう。

現代社会はスマートフォン全盛期ですが、パソコンは依然として重要な存在です。特に社会人にとっては必要不可欠なツールであるため、ブラインドタッチなどのスキル獲得は責務といえます。