web制作に用いるHTMLのバージョンはどれがいいの?

現在の主流は最新バージョンであるHTML5

web制作を行うにはHTMLの知識は絶対に必要になります。ただ、HTMLはバージョンがいろいろあって、一昔前によく使われていたのはHTML4.01やXHTML1.0、最近はHTML5が主流になりつつあります。では、これからウェブサイトを作るにあたって、どのバージョンのHTMLを使えばいいのでしょうか。まず、最初に選択肢になってくるのはやはり最新バージョンであるHTML5です。新規に立ち上げられるウェブサービスもHTML5で作られていることが多いです。

古いバージョンのHTMLを使っても大きな問題はない

HTML5はHTML4.01やXHTML1.0と比べるとタグが整理されていて書きやすく、また、プラグインなしの動画表示も可能なのでリッチコンテンツを作りやすいという特徴がありますが、一般的なサイトを作るのであれば必須というわけではありません。なので、手元にHTML4.01のマニュアル本しかない、あるいは既にXHTML1.0の知識を持っているというのであれば、HTML5を使わず、HTML4.01かXHTML1.0のどちらがサイトを作っても問題ないのです。

初めてHTMLの知識を身につけるのなら5がベスト

古いバージョンのHTMLを使っても問題ないのかという疑問を持つ人もいるかもしれませんが、基本的は問題ありません。一世代前のHTMLであれば、最近のブラウザでも当然サポートしているからです。また、HTML4.01、XHTML1.0ともに、スマートフォン専用のサイトを作るのに用いることも可能です。ただ、現在まったくHTMLの知識がなく、これから覚えていくのであれば、HTML5でウェブサイトを作れるようにしておいた方が便利ですよ。

web制作は専門の業者にお任せする企業が増えています。経験豊富なプロならではのホームページ制作が期待できます。