がっかりしないで!ネットの誹謗中傷を見た後に立ち直る方法のまとめ

熱心に応援してくれている人のコメントを読む

ネット上で活動をしていると、いろんな内容のコメントを見かけるようになります。それはいい内容のものもあれば、あまり気持ちのよくないものと様々です。いい内容のものは読んだ後に嬉しい気持ちになったり「これからも頑張ろう」と新たに決意をしたりできますが、あまり気持ちのよくないものを読んだ後は内容にもよりますが、大体が暗い気持ちになったりショックを受けたりします。こうなってしまうと「もうやめようかな」とネガティブになってしまいますよね。落ち込むのはまだ早いです。コメントをよく読むとそのあまり気持ちのよくないコメントに対して反論をしてくれている方が必ずいるはずです。暗い気持ちになった時はそういうコメントを探してみましょう。いい面は必ず誰かが見つけてくれます。

そのコメントを見ても「ふーん」と思うだけにする

この方法は簡単に言うと、コメントを読んでも詮索しないようにするということです。投稿されるコメントの中には本気の気持ちで書いてあるもの、冗談のつもりで書いてあるものの2種類あります。大体の誹謗中傷というのは冗談のつもりで書いたものがほとんどなのでそういう内容のコメントを見ても「この人は自分に対してこう考えているのか」と思うだけにしてそれ以外のことは考えないようにするといいでしょう。それか、そういう内容のコメントを見ても「こんなことを書くなんて相当暇なんだな」と考えるのも1つの方法です。

あまりよくない内容のコメントを全て削除する

ほとんどの場合、投稿されたコメントというのは管理人の方で自由に操作できるようになっています。ということはいいコメントだけ残して、あまりよくないコメントだけ消すということも可能です。投稿されたコメントは誰でも閲覧できるスペースに掲載されますが、管理ページからコメントの管理がされているページを見ると、コメント1つ1つに削除ボタンがついています。その時に1つずつ確認していき、自分の中で「これはあまり気持ちよくないな」と思ったコメントがあればすぐに消しましょう。これをすることで落ち込まずにすぐに立ち直ることもできると思うので、おすすめしておきます。

サジェスト対策を行うことで、ホームページの検索順位があがり知名度やアクセスアップが望めます。SEO対策などに比べて低コストであるにもかかわらず高い成功確率を持ちます。

レンタルサーバーで動画配信をするにはビットレートをどれぐらいに設定すればいい?

動画共有サービスなら自動で画質を調整してくれる

動画共有サービスを利用して動画を配信する場合は、動画ファイルをアップロードすればサービス側で自動的に適切な状態にしてくれるので面倒なことはありませんが、レンタルサーバーにアップロードして自分のサイトで公開する場合は、自分で処理をしなければなりません。具体的にどのような処理をしなければならないのかというと、ビットレートの調整です。ビットレートとは動画の画質に関する数値で、ビットレートが高いほど高画質ということになります。

高ビットレートの動画を配信しようとすると起きる問題

最近は家庭用のビデオカメラやスマートフォンのカメラでハイビジョン動画を撮影できるようになっていますが、撮影した動画をそのままレンタルサーバーにアップロードすると、ファイルサイズが大きすぎてトラブルの元になります。たとえば、使える領域のサイズを超えてしまっている、あるいはアップロードに時間がかかりすぎて、サーバーエラーになり、結局、アップロードすることができないなどです。では、ファイルサイズを小さくするためにはどうすればいいのかというと、ビットレートを下げることが一番効果が高いのです。

300kbps程度のビットレートで充分見られる

では、具体的にどれぐらいのビットレートにすればいいのかというと、だいたい300kbpsぐらいまで下げれば、ビデオテープの画質と同じぐらいの感じで見ることができますし、ADSL回線でもストリーミング再生が可能なのでバランスがいいです。もう少しいい画質で動画を配信したいという場合は、1Mbps以上にするといいでしょう。DVDのビットレートの4分の1程度になりますが、ネットで見られる動画としては充分高画質といえます。

ストリーミングのサポートの内容は、それぞれの運営会社の利用規約や契約プランの中身に影響を受けることがあります。

中古は嫌だけでパソコンを安く手に入れたい場合はどうすればいい?

完全な状態ではないという理由で安いアウトレット

パソコンをできるだけ安く買いたいものの、中古品は避けたいという人は向いているパソコンはあるでしょうか。実はいくつか存在します。まず、アウトレットと呼ばれるものです。アウトレット品とは、簡単にいえば「普通の新品として店頭に並べることができない」商品ということになります。では、なぜ普通の新品として売ることができないのかというと、たとえばパソコンであれば梱包用の箱がつぶれている、あるいは付属品が足りないなどの理由があります。

厳密には中古だけど状態はいい展示品

つまり、商品として完全な状態ではないものの、中身自体は新品であるという商品なので、中古を避けてパソコンを安く買いたい人にとっては狙い目といえるのです。次に展示品と呼ばれるものがあります。これは、家電量販店などで見本として並べられていた商品ということです。パソコンであれば、展示されている間は稼働しており、キーボードやマウスをいろんな人に使われていた可能性が高いので、厳密にいえば新品とはいえない商品ですが、比較的綺麗な上に安いので狙い目です。

初期不良品を修理したメーカー再生品

メーカーから直接安く買いたいという人にうってつけなのが、メーカー再生品と呼ばれるものです。これは、初期不良ということでメーカーに送られてきたものを直し、再度、チェックを行って売りに出された商品です。つまり、壊れたところを直したパソコンということになりますが、初期不良品なのでほとんど使われておらず、状態はほぼ新品なんですね。しかも、ちゃんとメーカー保証がつくので、安心できるものを安く手に入れたい人にとってはいい選択肢といえるでしょう。

現代社会はスマートフォン全盛期ですが、パソコンは依然として重要な存在です。特に社会人にとっては必要不可欠なツールであるため、ブラインドタッチなどのスキル獲得は責務といえます。

web制作に用いるHTMLのバージョンはどれがいいの?

現在の主流は最新バージョンであるHTML5

web制作を行うにはHTMLの知識は絶対に必要になります。ただ、HTMLはバージョンがいろいろあって、一昔前によく使われていたのはHTML4.01やXHTML1.0、最近はHTML5が主流になりつつあります。では、これからウェブサイトを作るにあたって、どのバージョンのHTMLを使えばいいのでしょうか。まず、最初に選択肢になってくるのはやはり最新バージョンであるHTML5です。新規に立ち上げられるウェブサービスもHTML5で作られていることが多いです。

古いバージョンのHTMLを使っても大きな問題はない

HTML5はHTML4.01やXHTML1.0と比べるとタグが整理されていて書きやすく、また、プラグインなしの動画表示も可能なのでリッチコンテンツを作りやすいという特徴がありますが、一般的なサイトを作るのであれば必須というわけではありません。なので、手元にHTML4.01のマニュアル本しかない、あるいは既にXHTML1.0の知識を持っているというのであれば、HTML5を使わず、HTML4.01かXHTML1.0のどちらがサイトを作っても問題ないのです。

初めてHTMLの知識を身につけるのなら5がベスト

古いバージョンのHTMLを使っても問題ないのかという疑問を持つ人もいるかもしれませんが、基本的は問題ありません。一世代前のHTMLであれば、最近のブラウザでも当然サポートしているからです。また、HTML4.01、XHTML1.0ともに、スマートフォン専用のサイトを作るのに用いることも可能です。ただ、現在まったくHTMLの知識がなく、これから覚えていくのであれば、HTML5でウェブサイトを作れるようにしておいた方が便利ですよ。

web制作は専門の業者にお任せする企業が増えています。経験豊富なプロならではのホームページ制作が期待できます。

ウェブ制作の時に必要な豆知識とはどんなもの?

作る際確実に身につけておきたいスキルとは?

ウェブ制作をする際絶対身につけておくと効率が良くなるスキルがあります。まずタイピングのスキルです。記事を書く際にもタイピング速度が遅いと作るのにかなり時間がかかってしまいます。そのため無料で練習することが出来るタイピングサイトなどでしっかり練習しておくことが非常に大切です。次はアイデアを考えるスキルです。記事を作る時すぐにどんなものを作るか思いつくと非常に効率よく作ることが出来ます。ニュースなどを毎日見るのも大切です。

ウェブ制作の時便利な機能とは?

ウェブ制作の際便利な機能がいくつかあります。それはレイアウト機能を生かすということです。レイアウト機能を生かすことで自分らしさを表現することが出来ます。最初のうちはイラストや写真を使うという所から始めましょう。だんだんと慣れてきたら様々な機能を使っていきましょう。次に使っておくと便利な機能はTwitterなどです。Twitterに自分のウェブサイトを見てもらうために記事を作った際ツイートもすることでたくさんの方に見てもらえます。

ウェブ制作の上で不可欠な事とは?

ウェブ制作の上で不可欠な事があります。それは休憩をとるということです。作業する頻度もある程度一定じゃないと長く続きません。頻度を決めるうえで例えば1週間のうち3日は作業して残りの4日は休むというようなスケジュールを立てることがおすすめです。また作業時間ではなく一週間に何個記事を作るかというスケジュールでも十分大丈夫です。ただ、あまり多くし過ぎても自分が疲れてしまうので自分の能力と相談して決めましょう。

コーディングとは、Webデザイナーが設計したデザインをもとに、HTMLやCSSというものを使って実際にWebサイトを構築していく作業のことです。